お客様の声

ジェットの建売からのお知らせ

2021.10.10

またまた延長!?住宅ローン控除とすまい給付金

時間 営業時間中
場所 ジェットの建売事務所

またまた延長!?住宅ローン控除とすまい給付金!

こんにちは、ジェットの建売です。

 

10月1日、国土交通大臣が住宅ローン減税について「延長は必要、延長が実現できるように取り組みたい」と述べました。という内容のニュースが入りました。

 

これはうれしいニュースです!今までは今年の11月末までに契約が終わっていないと住宅ローン控除の対象ではなくなってしまいますとお伝えしていたので、駆け込み需要が懸念されていました。

でも、もうこれで安心…というわけではないのです!

 

 

今回、延長を検討すると報道されていますが、詳しい内容はまだ報道されていません

同条件で延長されるとは限らず、年数や控除率が見直されるという噂もあります。

また、すまい給付金については言及されていないようです。

 

うれしいニュースではありましたが、やはり今、確実なのは11月中に契約を交わし、今の条件で住宅ローン控除とすまい給付金をしっかりと受けることだと思います。

そこで住宅ローン控除とすまい給付金について改めて簡単にご説明いたします。

 

簡単に言うと払っている税金が戻ってくる国の制度です。

現時点ではっきりしていることは、、、

 

注文住宅の場合は2021年9月末までに契約、2022年12月末までに新居へ入居が条件でした。

弊社のジェットの建売もそうですが、建売住宅の場合は2021年11月末までに契約、2022年12月末までに新居へ入居が条件となっています!

 

ですが、このような制度って個人差があるのでなかなか分かりにくいのが現状です。

今回、弊社の物件を購入されたAさん、Bさんを例にいくら戻ってくるのか、見てみましょう!

    

 

まずはAさんのご紹介

Aさん 28歳 会社員 ご年収350万円 借入額2,500万円 借入年数40年

    年間6万円の所得税を支払い

①住宅ローン控除で払っている所得税が年間6万円のお金が戻ってくる!

年間6万円×13年=78万円

②すまい給付金で50万円戻ってくる!

合計128万円戻ってくる!!

さらに!住民税も安くなった!!

   

 

次にBさんの場合を見てみましょう!

Bさん 38歳 会社員 ご年収480万円 借入額2,800万円 借入年数35年

    年間10万円の所得税を支払い

①住宅ローン控除で払っている所得税が年間10万円のお金が戻ってくる!

年間10万円×13年=130万円

②すまい給付金で40万円戻ってくる!

合計170万円戻ってくる!!

さらに!住民税も安くなった!!

 

※金額はお客様によって異なります。

※借入額の1%が上限であり、すべて減税されるわけではありません。

※借入金の年末残高によって算出されます。

※11~13年目は計算方法が異なります。

 

 

 

詳しくは以下の国土交通省・国税庁のHPをご確認ください。

国税庁HP

すまい給付金の詳細は以下のHPをご確認ください。

  

 

いかがでしょうか?

こんなお得な制度、利用しないわけにはいきませんね。

ジェットの建売にはこの二つの制度にまだ間に合う物件がたくさんあります!

 

2021年10月15日現在の対象物件はこちらです↓

 

※仮審査の承認が下りてからご契約となりますので、審査状況等によってはご希望に沿えない場合もございます。

 

他にも可能な限り間に合わせられるよう、ジェットの建売が総力を挙げて物件を準備中です!

お気軽にお問い合わせください。

 

お家の購入をお考えでしたら、ぜひお早めにご相談くださいませ。

  

ご相談希望の場合は以下のフォームよりお気軽にご相談くださいませ。

弊社営業スタッフが二つの制度に間に合う物件を取り揃えて、詳しくご説明いたします。

    【携帯メールアドレスのドメイン指定受信に関するお願い】

    メールアドレスを登録された方には、自動で確認メールを送信しております。メールアドレスの誤入力、携帯電話のドメイン指定受信の設定などにより確認メールを受信出来ない場合がございます。迷惑メールなどに入っている場合もございますので、再度受信設定をご確認ください。確認メールが届かない場合は、当社からの返信を受信出来ない可能性がございますので、お手数ですが、メール以外の連絡方法を追記の上、再度お問い合わせいただきますようお願い致します。。